多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

足立美術館(日本庭園)

安来絶景・町歩き観る
米国の日本庭園専門誌ランキングで連続日本一に選ばれた庭園と
近代日本画の絶妙なる調和が織りなす美術館

足立美術館(日本庭園)

足立美術館は昭和45年、地元安来出身の実業家、足立全康氏によって開館。
日本画の巨匠 横山大観 をはじめ竹内栖鳳、川合玉堂、富岡鉄斎、榊原紫峰、上村松園などの近代日本画と、安来出身の陶芸家 河井寛次郎、料理人として陶芸家としても名を馳せた北大路魯山人の陶芸作品、林義雄、
武井武雄らの童画を集め、およそ13000坪の大日本庭園が融合した美術館です。

近代日本画壇の礎を作り上げた横山大観に注ぐ足立全康の情熱は人並みはずれ、数々の逸話が残るほど。
横山大観のコレクションは世界一の規模を誇り、その数なんと120点。
常時20点余りを展示しており、繊細かつ大胆な作品を鑑賞することができます。




足立美術館の庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで、かの有名な桂離宮を抑え、連続第1位に輝き名実ともに世界一の日本庭園として名を轟かせています。
「枯山水庭」、「白砂青松庭」、「苔庭」、「池庭」と足を進めるたび広がる閑雅な風情は、館内の日本画の作品とあいまって訪れる方の心を静かに癒します。

特に「白砂青松庭」は横山大観の名作「白沙青松」をイメージした庭で、白砂と松のコントラストが印象的。
床の間の壁をくりぬき、あたかも一枚の掛け軸のような庭園絵画が鑑賞できる「生の掛軸」もあり、こちらも足立美術館の見どころのひとつとして挙げられ、人気を博しています。

年に4回の展示替えで、季節ごとに庭と作品との調和を図っており、飽きさせない工夫が随所に施された足立美術館。安らぎという贅沢な時間を心ゆくまでお楽しみください。

また2010年には新館がOPEN。現代作家の作品や企画展示などを行っています。

電話番号 電話番号0854-28-7111
所在地 所在地島根県安来市古川町320
営業時間 営業・開館時間4〜9月 9時〜17時30分
10〜3月 9時〜17時
定休日 定休日年中無休
駐車場 駐車場大型駐車場完備
アクセス アクセスJR米子駅より車で約30分
JR安来駅より車で約15分
無料シャトルバス(JR米子駅、JR安来駅、玉造温泉、皆生温泉より運行)
山陰道安来ICより車で約10分
HP ホームぺージhttp://www.adachi-museum.or.jp/
料金 料金大人2300円(1900円) 大学生1800円(1500円) 高校生1000円(800円) 小・中学生500円(400円)
カッコ内は20名以上の団体料金

■ 近隣観光スポット

安来安来節演芸館 どじょう亭
歴史・史跡観る食べるおみやげ
安来広瀬絣センター
観る体験するおみやげ
安来月山富田城跡
歴史・史跡絶景・町歩き
安来清水寺
歴史・史跡絶景・町歩き
安来和鋼博物館
観る体験する
安来さぎの湯温泉
泊まる・温泉
安来夢ランドしらさぎ
泊まる・温泉遊ぶ・スポーツ体験する
安来農村公園 出雲織 のき白鳥の里
観るおみやげ体験する

■ 似たもの観光スポット

出雲しまね花の郷
観る体験する
松江島根県立美術館
観る
松江松江フォーゲルパーク
観る体験する
安来加納美術館
観る
松江由志園
観るおみやげ体験する
大山とっとり花回廊
観る体験するおみやげ
大山植田正治写真美術館
観る体験する
米子米子市美術館
観る
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加