多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

加賀の潜戸・新潜戸(かかのくけど・しんくけど)

断崖絶壁の岩肌に作り出された2つの洞穴。
神の誕生地と伝わり、鬼気迫る雰囲気に身震い。

◆ミステリアス総合評価 ★★★★★

神秘性★★★★★
歴史性★★★★★
畏怖性★★★★★
癒し性★★★★
アプローチ難易性★★★★

加賀の潜戸

◆ REPORT

「潜戸」とは、もともと洞窟のこと。松江市の北部、加賀という地区にある洞門で、景勝地としても穴場スポットだ。とりわけ加賀の夕景は絶景として知られ、密やかなデートスポットともなっている。また、島根半島の潜戸鼻から続く断崖や入り江の海岸線は、大山隠岐国立公園に指定されるほど。
 旧潜戸・新潜戸は通称で、古くに旧潜戸は「仏潜戸」、新潜戸は「神潜戸」と呼ばれていた。この呼び名からして、すでに神秘的な匂いがする。近くまで遊歩道も整備されているが、旧潜戸と新潜戸の両方を巡る観光船をぜひお薦めしたい。

新潜戸こと「神潜戸」は東・西・北と3つの入口が、ぽっかりと開いた広い洞穴なので観光船を乗り入れて探勝できる。長年の海食によって創り上げられた自然美は壮大で神々しい。船が洞穴に近づくにつれて、それまでの好奇心が畏敬の念に変わっていく。 船は「神潜戸」の西口から入る。すると、水しぶきの洗礼が・・・・。この水にかかると洞穴から出られない、という言い伝えに船上で思わず身構えてしまう。何だかゾクゾクと感じてきた。
洞穴の中に船が進むと鳥居が見えてくる。『出雲国風土記』には、佐太大神(松江市鹿島町の祭神)がここでお生まれになったとある。かつては加賀神社が鎮座する神域として、深く信仰されていたという。今でも古代からの信仰心が浮遊しているのだろう、自ずと神聖な気持ちになる。
出口となる東口でも、水がしたたり落ちてくる。この水は「乳水」と呼ばれ、母乳の出ない母親が飲むと、お乳が出るといわれる。

さて一方、旧潜戸こと「仏潜戸」。こちらは船を降りて上陸できる。仏潜戸は死んでしまった子どもの魂が集まる「賽(さい)の河原」。石が積み上げられ、子どもが愛用した着衣やはきものが供えられている。 幾世代も経て風化した供え物、その上に新しく積み上げられた石。海風にさらされた無数の石の塔は物悲しい。
「仏潜戸」の内部は薄暗い。鬼気迫るパワーがあり、寒気さえ感じて恐怖心が沸き上がってきた。この恐ろしさは遊園地のジェットコースターなどの比ではない。「仏潜戸」の正面に見える桂島にはキャンプ場があり、このキャンプ場では夜になると子どもの声を聞くそうだ。

神潜戸は荘厳なパワー、仏潜戸はミステリアスなパワー。いずれもかなりハイレベルのエネルギー。観光船が運航しているスポットなんて、とあなどることなかれ。

スポットの情報はこちらもご覧下さい。

お問い合わせ先

潜戸観光 0852-85-9111(マリンプラザしまね)

所在地島根県松江市島根町
アクセスJR松江駅からバス50分、加賀築港入口前下車徒歩10分
体験内容観光船(グラスポート)
所要時間約50分(加賀港マリンプラザしまね発着)
料金大人1000円
営業時間8時30分〜17時まで不定期
運航期間4月〜10月末運行
乗船券発売所マリンプラザしまね
ホームページhttp://mfan.ftth-p.com/?ID=4867
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加