多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

粟嶋神社(あわしまじんじゃ)

長寿の神社に浮かびあがる
800歳の尼さんの幻影。

◆ミステリアス総合評価 ★★★

神秘性★★
歴史性★★★★
畏怖性★★★
癒し性★★
アプローチ難易性★★

粟島神社

◆ REPORT

米子市の内浜産業道路を、境港方面に向かって車で走る。小さな丘に、うっそうと茂る森が見えてきた。その森の中に、天空へとつながるような石段も見える。秋月の名勝地としても知られる粟島神社だ。不思議な伝説が数々残る場所でもある。早速、駐車場に車を置いて、参道となる石段を登ってみた。

〜手に乗る小さな神〜

来待石を積み上げた、角度のきつい石段が続く。息を荒げて187段を登り切ると、丘の頂上に出た。標高は38メートル。参道の先には、それほど大きくはない社殿がある。御祭神は、少彦名命(すくなひこなのみこと)。大国主命こと大黒さまと共に、国を開いた神だ。『伯耆風土記』によると、少彦名命が粟の穂にはじかれて、“常世の国”に渡ったことから「粟島」と名付けたとある。もともと、ここは離れ島であったらしい。江戸時代の中頃、陸続きとなったようだ。

神話に登場する少彦名命。この神は手に乗るほど小さく、おとぎ話『一寸法師』のモデルとも云われる。因幡の白兎を助けた大国主命は、医学の神でもあった。少彦名命もまた、医療を人々に広めた神である。ことに、まじないの術に長けて、病に苦しむ人々を救ったと伝わる。今でも地元の信仰は厚く、境内に荒れた気配はない。しかし、どこかもの寂しい。深とした空気に、スピリチュアルなものが漂っている。“常世の国”は、死者の国も指す。この神社も、あの世とつながっているのだろう。

〜無気味な洞穴〜

境内を右に行くと、小さな岩を祀った祠があった。ここでは、とりわけ霊感が高まる。少彦名命が、粟島に上陸した最初の場所と伝わり、聖地とされていた。この祠は「お岩さん」と呼ばれ、祈願によって難病苦難を救われた崇拝者も多いと云う。木造の細い鳥居と、小さな祠。その質素な佇まいが、かえって霊験あらたかな雰囲気をかもしていた。

石段を下りて、丘のふもとに戻る。中海に面した森の海岸近くには、無気味な洞穴があった。ここには、人魚にまつわる次のような伝説が残されている。洞穴の前には、「八百姫宮」と書かれた鳥居。その先に、暗闇へと開いた洞穴。一人では恐怖で入れない・・・・。

「昔、漁師の集まりで、珍しい料理が出たが、誰も気味悪がって食べる者はいなかった。それを一人の漁師が家に持ち帰り、何も知らない18歳の娘が食べてしまった。その肉は、食べると寿命が来ないといわれる人魚の肉だった。何年経っても18歳のままの娘は、世をはかなんで尼さんとなり、粟島の洞穴に入り、物を食べないで寿命を待った。ようやく寿命が尽きて、静かに息を引きとったのは800歳のときだったので、八百比丘(はっぴゃくびく)さんと呼んで、延命長寿の守神として祀られるようになった」

秋月、一寸法師、お岩さん、人魚など、魂の成長を説くスピリチュアリティーの世界に取り巻かれた粟島神社。希有な存在感を放つスポットとして見逃せない。
お問い合わせ先

0859-29-3073

所在地鳥取県米子市彦名町
アクセスJR米子駅から車10分
大山山麓の謎解きラリー
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加