多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

明智峠の雲海(あけちとうげのうんかい)

聖なる天霊と地霊に浄化され、
新たな生命を与えられるパワースポット。

◆ミステリアス総合評価 ★★★

神秘性★★★★
歴史性★★
畏怖性★★
癒し性★★★★
アプローチ難易性★★★★

明智峠の雲海
(写真出展 大山王国 大山百景 加藤正純さん)

◆ REPORT

「明地峠」は、岡山県新見市と鳥取県日野町の境に位置する。「明智峠」とも表記されることもあるこの峠は、雲海のビューポイントとして知られている。とくに、晩秋から冬にかけて、早朝に雲海が現れることが多いと聞いた。そこで、眠い目をこすりながら早起きし、まだ夜が明けぬうちから日野川に沿って、国道181号を日野町へと向かった。

〜空に浮かぶ真っ白な大地〜

縁起のよい名で知られる日野町の金持神社まで、あと1.5キロメートルという地点で右折し、国道180号へと入り、新見方面を目指して車を走らせた。目指す明智峠の展望台は、標高約620メートル。道路にも霧がかかっている。うっすらと朝焼けを迎えた頃から、いい予感がしてきた。到着したのは午前7時前。すでに、数人のカメラマンがいて盛んにシャッターを切っていた。なかなか見られないという雲海だが運良く遭遇できたのだ。

その美しさには、思わず息をのんだ。感動のあまり言葉も出ない。眼下に壮大な雲海が広がって、朝焼けの光に染まっていた。幾重にも重なった雲は、まるで雲のじゅうたん。空に白い大地が現れたかのようだ。このまま雲の上を歩いて、地平線にまで行けそうである。そして、雲海の彼方に浮かぶ大山。その荘厳な眺めに、人々が霊山として崇める理由が一瞬にして解った。

雲の海。まさにその言葉のごとく、雲は同じ場所にとどまることなく、ゆるやかに流れている。山々の稜線は、海に浮かぶ島のようだ。風と光によって刻々と変化する雲は、生きもののようにも思える。しばらく見とれていると、空と雲が一体となって、こちらに向かってくる気がした。冷涼とした空気の中で肌寒いはずなのに、自然の生命エネルギーが体中の細胞に行き渡り、温かい気力が充満してくるのを感じた。

〜明地峠に魅せられた人々〜

明地峠は歴史の舞台にも度々、登場している。鎌倉時代には、討幕に失敗した後醍醐天皇が隠岐島に流された際、この峠を越えて鳥取県の根雨に入ったとする説がある。後醍醐天皇が峠に差しかかった時、ちょうど夜が明けたので「明地峠」と名付けられたという伝承もある。

江戸時代になると、大山寺の牛馬市は西日本一を誇るようになった。牛馬の売買を仕事とする「博労」と呼ばれた人たちは、岡山の特産として有名な千屋(ちや)牛を引き、明地峠を越して大山寺を目指した。今のように道路も整備されていなかった遠い昔、雲海に浮かぶ美しい大山は、険しい道のりを越える心の支えとなった。

近年では、映画の舞台としても登場している。1977年に製作された松竹映画『八つ墓村』では、明地峠もロケーションされた。原作となった横溝正史の推理小説『八つ墓村』は、「八つ墓村というのは、鳥取県と岡山県の県境にある一寒村である」という書き出しで始まっている。疎開していた横溝正史も、明地峠の雲海を見たのだろうか。

〜雲海に溶け込む精魂〜

これまで、どれだけの人たちが明地峠の雲海に感動したことだろう。今、こうして雲海を見つめていると、自分もその中の一人に溶け込んでいく錯覚をする。きっと、これからも大勢の人がこの絶景に酔いしれ、流れる雲、光る雲の分身となるに違いない。

夜が明ける地、明地峠。そこは天と地の境目で、過去、現在、未来が融合する場所かもしれない。そして、美しい雲海が現れる時、カオスの夜が明けて、輝く朝日の光によって新しい気力が生み出される。そのような想いにかられるほど、清浄な天霊と地霊が棲む癒しのスポットだった。
問い合わせ先

0859-72-2101(日野町観光協会)

所在地鳥取県日野郡日野町
アクセスJR根雨駅から車20分
大山山麓の謎解きラリー
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加