多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

布部ダム公園

安来絶景・町歩き
湖畔に広がる椿の名所に、自然公園、大吊り橋
水辺のステージで楽しむナチュラルエスケープ

ふべダム公園

国道432号線沿いの飯梨川上流に造られた多目的人造湖「布部ダム」。その周囲に作られた自然公園は、椿、モミジ、桜、白樺、ツツジ、紫陽花、コブシなど、四季の花や木の色づきが楽しめ、1周約6キロもある湖畔をのんびり散策することも可能です。

特に「中ノ島公園」は、別名「白椿公園」と呼ばれるほどで、見頃となる4月中旬には、白椿を中心に様々な品種の椿2千本が植樹され、辺り一面が花の香りでいっぱいに。毎年この時期には「白椿祭り」も開催され、演芸、モデル撮影会、郷土の味覚の露店が出店するなどでたくさんの人出で賑わいます。

また、園内で抜群の存在感を誇るのが、総工費1億6千万円を投じ、国道から中ノ島へ架けられた夢の吊橋「白椿大橋」。長さ128mで、幅2m、吊り橋では中国一の大きさを誇っています。

そのほか、周囲を包む緑のロケーションを生かした施設も充実。
美しい山々を一望する「見晴台」や「展望台」、白椿の苗木や椿油といった地の特産品を販売する「白椿ハウス」など、広大な園内にはお楽しみも盛りだくさん。
爽快な水辺のロケーションを楽しみながら、しばし日々の喧噪を離れ、ナチュラルエスケープといきませんか?


〜布部の椿と野だたら〜

■白椿の椿油
園内にある「川奥白椿」は白く可憐なやぶ椿の原木。周囲には、ピンク色の花をつけるものもあり、カエデや桂の巨木によって神秘的な雰囲気を醸し出すことから、昔から不思議な木として崇められてきました。また椿から取れる油は、古来山の神に対する神仰か、刃物の錆止めや強い火力を出す木炭用かの説があります。布部地方の椿油は、自生した実からとっているため天然で、最高の品質。料理、髪油、化粧、アトピーなど幅広く利用されています。

■野だたら
鉄の町「安来」。元々鉄の文化が始まったのは鎌倉時代から。その当時は、山の中ほどで、風のよく吹く所など斜面に炉を築く移動式の製鉄法「野だたら」という技法が用いられていました。
布部地方は、花崗岩地帯が多く低温で溶ける良質の砂鉄が採取され、周囲の山林から製造する木炭と相まって、古くから野だたらの鉄鋼生産が盛ん。特に玉鋼の刀剣や包丁などの切れ味は有名で、製鉄には砂鉄をとかす大量の木炭(火力)とそれを冷やす水量が必要であり、布部の地形はそれに適合。今でも、数十ヶ所におよぶ野だたらの跡や“鉄さい”の出土が確認されています。そのことから、この集落一帯には、「金」にまつわる屋号や地名が多いのが特徴です。


電話番号 電話番号0854-36-0001(布部ダム公園管理運営委員会)
所在地 所在地島根県安来市広瀬町布部
営業時間 営業時間
定休日 定休日
駐車場 駐車場あり
アクセス アクセスJR安来駅より車で約40分
山陰道安来ICより車で約30分
HP ホームぺージhttp://www.city.yasugi.shimane.jp/kanko/ (安来市観光ページ)
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加