多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

一力堂(和菓子作り体験)

松江体験するおみやげ
完成しても食べるのがもったいない!?
菓子処・松江で作る美味しい芸術作品


松江は、京都、金沢に並ぶ茶処として知られている街。江戸時代、この地を治めていた松江藩第7代藩主の松平治郷(はるさと)公は、18歳で茶の道に入り、「不昧(ふまい)公」の号で“大名茶人”として活躍していたお殿様で、後に自らの流派である「不昧流」茶道を大成しました。その不昧公の影響により松江には茶の湯文化が広まり、現在では市民の日常生活に定着、お茶の消費量は全国平均を大幅に超えるほどなのです。


お茶と和菓子は切っても切れない関係。“茶処・松江”は、当然“菓子処”でもあります。1700年代後半の和菓子レシピ「菓子方書」、安政2年製の木型といった和菓子に関する貴重な品々が残されているココ「一力堂」は、松江城下の京店商店街に本店を構える老舗和菓子店です。宝暦年間(1751年〜1764年)創業で、初代の三津屋作兵衛のころは松江藩の御用達を務めたという老舗中の老舗。宝暦年間(1751年〜1764年)創業、初代の三津屋作兵衛のころは松江藩の御用達を務めていたといいます。“不昧公御好み”として有名な春の菓子「若草」、他所売りを固く禁じられたお留め菓子「姫小袖」といった銘菓を筆頭に、松江の四季を感じさせる色とりどりの和菓子が甘い香りを漂わせながら並んでいます。


和菓子を味わったり購入したりすることはもちろんですが、コチラでぜひ体験してほしいのが、店主自らが手ほどきしてくれる和菓子作り(前日までに要予約)。3種類のあんの練り菓子を約1時間かけて作っていきます。熟練の技をお手本にしながら形作っていく和菓子作りは、なかなか楽しいもの。出来映えがちょっぴり不格好でも、苦労した分美味しそうに見えます。体験中、店主が松江の和菓子や店の歴史について楽しく語ってくれるので、目の前の和菓子や松江の食文化により一層深い趣を覚えます。


和菓子が出来上がったら、次は抹茶や煎茶のお点前体験スポットへGO! 自作の和菓子と共に頂くお点前は、今まで経験したことのない味と風情を感じるはず。忘れられない旅の思い出になります。


電話番号 電話番号0852-28-5300
所在地 所在地島根県松江市末次本町53
営業時間 実施時間9時〜18時
定休日 定休日なし
駐車場 駐車場京店商店街駐車場(有料・駐車場料金1時間サービス)
アクセス アクセス山陰道松江西ランプよりR9経由車で約15分
HP ホームぺージhttp://www2.crosstalk.or.jp/ichirikido/

■ 体験メニュー

体験内容上生菓子(じょうなまがし)作製 鮮やかな色のあんの練り菓子の作り方を店主自らが指導します。
所要時間約1時間
体験料金●小・中学生/500円(2個作製)●一般/800円(3個作製)
体験期間通年
予約の有無要予約(講師の時間が取れない時があるため)
最低催行人員2人以上5人までが理想
体験年齢5年生以上
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加