多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

中国牡丹園

松江観る
中国からやって来た本場のボタンが1万本!
大輪たちの華麗な競演に酔いしれる


島根県東部、中海に浮かぶ大根島(松江市八束町)は、日本一を誇るボタンの生産地。島の火山灰質の土がボタンの栽培に適しており、江戸時代から徐々に栽培が盛んになりました。第二次世界大戦以降は全国に知られる存在になり、今では年間約180万本を生産、海外にも輸出するほどに。4月下旬から5月上旬にかけての開花シーズンになると、ボタンの大輪と観光客とで島は大変にぎわいます。


八束町は、ボタンのさらなる品種改良を進めるため、平成元年から中国の山東省渮沢市と技術交流を行い、112品種、1万本のボタンを導入しました。ここ中国牡丹園には、導入されたその中国ボタンたちが青空の下で咲き誇っています。花びらが淡桃色と紫色に分かれる「二喬(にきょう)」、薄い緑色をした花が八重に咲き、「幻の緑ボタン」と呼ばれる「豆緑(とうりょく)」、中国固有の大輪や原種に近いものなど、貴重な品種がズラリ。暖かい春の風に吹かれながら競うように咲く中国ボタンは実に艶やかで、気品にあふれ、心奪われる美しさです。


中国牡丹園は、明るい茶色の瓦屋根と中国風の門を構えた資料館が目印。中国ボタンは日本のものよりも少し早めに咲き始めるので、その開花に合わせた4月中旬〜5月上旬が開園期間。館内には展示室、会議室を備えています。

ハイテク技術により一年中ボタンが咲いている「展示温室グリーンステラ」との共通入場券(大人500円、小中学生250円)を利用すると、ちょっぴりお得。両方の施設を訪れて、花を見比べてみてはいかが?


電話番号 電話番号0852-76-3639
所在地 所在地島根県松江市八束町入江1077
営業時間 開園期間4月上旬〜5月上旬 
営業時間 営業・開館時間9時30分〜16時30分
駐車場 駐車場あり
アクセス アクセスJR松江駅より車で約40分
HP ホームぺージhttp://www.city.matsue.shimane.jp/kankou/(松江市観光ページ)
料金 入園料大人300円、小中学生150円、松江市民無料
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加