多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

山陰観光(島根県・鳥取県)旅の窓口 掲示板

この掲示板は、山陰の旅・島根県と鳥取県の観光についてのみ、ご質問・ご歓談くださいませ(※山陰観光に関係しない発言を禁止します)。また、山陰各地にある観光施設からのPRも歓迎しますが、PRの書き去りではなくレスがあればしっかりホローもお願いします。※ただし、公序良俗に反するもの、誹謗中傷、極端な営利目的だけのものなど、この場に不適切と思われる投稿は管理者の独断により削除することがありますのでご了承の上、書き込みくださいませ。※当掲示板への一般からの発言についての信頼性は個人責任でご判断くださいませ。
[最新情報に更新] [トピックス一覧へ]

 
西向くサムライ(11月)=出雲大社 [削除]
トピックスNO:560 投稿者:タヌキ 投稿日時:2017-04-19 10:25:12
西向くサムライ。とは上手い具合に語呂合わせしたもの。
明治以降にカレンダーの小の月を語呂合わせで言った物ですが、
小の月の最後(本来は旧暦10月)の11月には出雲に神々が参集なさって神議りが行われます。
サムライは侍。侍る(はべる)。
、、、出雲大社の御神体(ヒモロギ)は西を向いて侍る。

御神体は不詳ですが、もし、西方からの結界が意図されている場合には壺/甕かもしれません。
(我々の鎮守様は出雲大神荒魂(大国主命)で伝え聞く御神体は壺(=結界、境界(防塞)の呪具))
因みに、三輪山の大国主神の現在の正式神名は、倭大国主櫛甕玉大神。(甕玉(ツボにとりついた神霊?))

あと、出雲大社の国造家(社家)は御祭神の出雲の大国主命とは全く関係無い天穂火命の末裔。(神話や伝承からも明らか)
これは、神祭りの原理原則(要は先祖祭祀)から言って全く持っておかしな事で、スサノウ様(出雲帝国大国主とは血縁はない)の方がふさわしいきがします
>>コメントを書く
コメントの書込
タイトル:
ニックネーム:
メールアドレス:
本 文:
削除用パスワード:
確認画面を表示
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加