山陰観光 旅のポータル
ご当地グルメ 満腹プラン 〜日帰り編〜
新鮮なお魚に、香り高いご当地麺山海の幸でお腹いっぱいグルメ旅

〜今回のシナリオ〜
山と海、そして川。自然に恵まれた山陰は、まさに食における“お宝”の山。日本海の旬魚に、時のお殿様も大好物だったという出雲そばに、宍道湖七珍。そして清らかな水が育む銘酒に、地ビール、豊かな土壌で作られる瑞々しい果実を使ったご当地ワイン。どれもこれもが個性的で、しかもウマイとくれば現地へと直行!ココを読めば、きっと「日本海屈指の港町が、山麓のリゾート地が、のどかな田舎町が、オレを呼んでいる」ってなことに。
花より団子、旅先に“うまいもん”はつきもの。さぁ、胃袋空っぽでお出かけしましょ。

◆コース案内◆

山陰道 宍道IC
↓ 約38.2km 車で約45分
1.島根ワイナリー
↓ 約2.6km 車で約5分
2.出雲大社
↓ 各出雲大社周辺の飲食店へ
3.出雲そばめぐり
↓ 出雲大社から約41.6km 車で約50分
4.国暉酒造・米田酒造・李白酒造
↓ 国暉酒造から約300m 車で約1分
5.カラコロ工房
↓ 約25.3km 車で約35分
6.夢みなとタワー
↓ 施設に隣接
7.夢みなと温泉館
↓ 各周辺の飲食店へ
8.境港でお魚ディナー
↓ 夢みなとタワーから約18.7km 車で約25分
米子道 米子IC

1. 島根ワイナリー
大社町はハウスブドウの産地であり、昭和61年3月にワイン工場や、試飲、即売場を備えたワイナリーが完成。個性豊かなワイン造りに取り組んでいます。工場内を見学できるほか、試飲コーナーもあり、気に入ったものがあれば、即、購入もOK。隣接する「シャトー弥山」でバーベキューを味わう事もでき、休日は観光客や家族連れで賑わっています。

2. 出雲大社
ダイコク様としてもおなじみの大国主命(オオクニヌシノミコト)を祀る出雲大社は、縁結びの神様として有名。「大社造り」と呼ばれる日本最古の神社建築様式で、国宝にも指定される本殿をはじめ、拝殿、神楽殿など境内には参拝スポットもいっぱい。また、本殿西の神楽殿には長さ13メートル、周囲9メートル、重さ4700キロの日本一のしめ縄があります。

3. 出雲そばめぐり
皮ごと挽く独特の製法で、“黒いそば”とも言われる伝統の出雲そば。本場でもある出雲、松江エリアには、昔ながらの手打ちを守る老舗が今もなお多く残り、その味を競い合っています。定番は、丸い器にそばを盛り、好みの薬味でいただく「割子そば」。数ある名店からお気に入りをチェックし、香り豊かなそばをツルッと楽しんでみてはいかがでしょうか。

4. 国揮酒造米田酒造李白酒造
松江城下で栄えた食文化の一つに地酒作りがあります。松江藩・松平家より譲り受けた由緒ある土蔵は見学可。出雲杜氏による手作りの酒を伝える「国揮酒造」をはじめ、日本酒だけにとどまらずプロの料理人も絶賛の料理酒「出雲地伝酒」を開発した「米田酒造」、酒名「李白」は、松江出身の元宰相・若槻礼次郎氏が、唐の詩人に 因んで命名したという「李白酒造」など市内には名だたる銘酒の酒蔵が今も伝統の味を守り続けています。

5. カラコロ工房
旧日本銀行松江支店の建物を利用した重厚な佇まいでは、「匠」をテーマに、様々な工房が用意されています。老舗和菓子店の職人自らに手ほどきを受ける和菓子作り体験をはじめ、陶芸、ガラス工芸、シルバーアクセサリー、絵付けなど、一度はチャレンジしてみたい体験プランがズラリ。ほか館内には、レストランや手打ちうどん、ベーカリーなどのお店も勢揃い。文化の町・松江の誇りを垣間見ることもできます。

6. 夢みなとタワー
日本海と大山を望む美しい海浜公園。核となる高さ43mの「夢みなとタワー」には、日本海や大山が一望にできる展望室やフレンチレストラン、古い町並みを再現した物産観光センター「みなとまち商店街」、環日本海諸国と鳥取県を紹介する展示と大型シアターなどを設置。ほか「境港さかなセンター」や「みなと温泉館」など人気レジャー施設もタワーに隣接するよう並んでいます。

7. みなと温泉館
夢みなとタワーお隣り、まさに日本海すぐ横に広がるシーサイド温泉。男女ともに露天風呂を設け、特に男性風呂からはすぐ目前に迫り来る海、その向こうに美しい弓ヶ浜や秀峰大山を望む絶好のロケーション。大浴場には水風呂やサウナも完備。入浴料大人500円というリーズナブルな料金も魅力的です。

8. 境港でお魚ディナー
日本海屈指の漁獲高を誇る境港。港周辺には、揚がったばかりの新鮮な海の幸を良心価格で楽しませてくれるグルメスポットがズラリ勢揃いしています。冬はカニ、夏は白イカやマグロが大漁!何が食べたいかは、境港市観光協会のホームページをチェック!お気に入りが見つかったら、お腹を空かせてお店へとGo!
◎トップページ
Copyright (c) 中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会 All right reserved.