多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

金屋子神話民俗館

安来観る
“鉄作りの祖”金屋子神の歴史・神話を展示・紹介
近くには、鉄の神を祭る金屋子神社の総本山もあり

金屋子神話民俗館

たたらや鍛冶、鋳物等に携わる人々は、「金屋子(かなやご)神」と呼ばれる鉄の守護神を信仰していました。
金屋子神は、高天原から播磨国に天下った後、白鷺に乗って出雲国比田村の桂の木に飛来し、発見した安部正重らに製鉄技術を教えた「鉄作りの祖」とされています。
 
コチラでは、中国地方の産業の歴史を物語る、その偉大な神「金屋子さん」をテーマに、原始時代とよばれる大昔から現代にいたるまで、人々がどのようにしてこの地域に住み、長い歴史を歩み、村の祭りや行事を通じて、集落の繁栄や安全をどのように願ってきたのかを知ることができます。


鉄作りの職人・関係者が毎年数多く参拝!
「鉄の神」を祭る金屋子神社の総本山がココに

そんな「金屋子神」を祭神とするのが、すぐ近くに社を構える「金屋子神社」。
こちらは1200社を数える「金屋子神社」の総本山で、昔の伝統を頑なに守るたたらの職人をはじめ、鉄にかかわる様々な人々の信仰を集めており、現在でも製鉄・冶金関係者らが数多く参詣。
鳥居は石づくりでは日本一といわれています。

金屋子神社
所在地:安来市広瀬町西比田

電話番号 電話番号0854-34-0700
所在地 所在地島根県安来市広瀬町西比田213-1
営業時間 営業・開館時間9時〜17時(入館は16時30分まで)
定休日 定休日水曜(祝日の場合は翌日)、12〜3月休館
駐車場 駐車場あり
アクセス アクセス山陰道安来ICより車で約50分
HP ホームぺージhttp://www.city.yasugi.shimane.jp/kanko/(安来市観光ページ)
料金 料金入館料 一般300円(20人以上の団体250円) 高校生200円(団体150円) 小中学生無料
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加