多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

稲佐(いなさ)の浜・薗の長浜(そののながはま)

出雲絶景・町歩き
自然美と神秘的な空気に包まれた砂丘海岸は
出雲が誇る国引き神話の舞台としても有名


出雲市大社町の「稲佐の浜」から出雲市長浜にかけ弓状に広がっている約3キロの砂丘海岸。
「国引き神話」の舞台として知られ、白砂青松の美しい景観は、神話時代をしのばせてくれます。

八束水臣津野命(やつかみづおみつぬのみこと)は、これを綱にして新羅から土地を引いて来たそうで、大社町の奉納山公園からみると、三瓶山に向かって長くのびる砂浜は、まさに八束水臣津野命が「持ち引ける綱」です。
出雲市の長浜神社では、こちらの神話にちなみ、毎年10月、国引きジャンボ綱引き大会が行われます。

◎3分でわかる「国引き神話」◎

神々による島根半島誕生の物語
三瓶山と大山にかかる綱は、
やがて弓浜半島になったとの伝説も

出雲国に伝わる神話の一つ。
「出雲国風土記」の最初、「意宇郡(おうぐん)」の冒頭に書かれている出雲国の成り立のことで、これは「古事記」や「日本書紀」には残されていない、出雲地方独自の神話です。

「風土記」によれば、八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと・大国主と同一神とされる)が国を作る際、「出雲の国は狭い若国(未完成の国)であるので、他の国の余った土地を引っ張ってきて広く継ぎ足そうとした」と記されており、西は佐比売山(島根県・三瓶山)、東は火神岳(鳥取県・大山)に綱をかけ、東端の「三穂(みほ)の埼」は北陸から、西端の「支豆支の御埼(きづきのみさき)」は朝鮮半島の新羅から、その間の「闇見(くらみ)の国」と「狭田(さだ)の国」はそれぞれ「北門(きたど)の良波(よなみ)国」、「北門の佐伎(さき)国」から「国来国来(くにこ くにこ)」と国を引き、できた土地が現在の島根半島であると言われています。またその際に国を引いた綱は、その後弓浜半島になったという神話も残されています。

電話番号 電話番号0853-53-2112(出雲観光協会)
所在地 所在地島根県出雲市大社町杵築北(稲佐の浜)
駐車場 駐車場
アクセス アクセス山陰道宍道ICよりR9、R431経由車で約25分
JR出雲市駅より車で約20分
HP ホームぺージhttp://www.izumo-kankou.gr.jp/(出雲観光ガイド)
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加