多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

平田本陣記念館

出雲観る
江戸時代の豪商屋敷を移築復元
雲州の歴史・文化を発信するミュージアムに

平田本陣

平田本陣は、享保20年(1735年)に建てられた松江藩の本陣宿で、酒造業や木綿販売などで財を成した本木佐(ほんきさ)家の豪商屋敷。
こちらを移築、復元したのが、「出雲市立平田本陣記念館」です。

旧平田市(現出雲市)に寄贈された屋敷の部材を使って復元した本館に、展示館を併設、89年に開館。商人の町として栄えた歴史の紹介だけでなく、地域文化の発信にも力を入れ、展示館で開かれる企画展では日本画や陶芸作品、絵本の原画展なども楽しめます。

本館は、松江藩主が出雲大社参拝やタカ狩りの際に宿泊、休憩で利用した木造2階建ての屋敷を復元。延べ約965平方メートルで、柱や梁(はり)は、釘を使わない当時の工法で組まれ、1階の藩主がくつろいだ「上(かみ)の間」や藩主専用の「御成(おなり)門」は、当時のものをそっくり移築しています。

2階は、明治から昭和初期の民具、店内の帳場を仕切る格子や糸車など約500点を展示。木綿の集散地として栄えた様子を今に伝えています。
庭園は「出雲流」と呼ばれる枯山水の平庭で飛び石が地面から高く顔を出し、雪の日でも歩行可。
本館南の展示館(約550平方メートル)では、企画展を年5〜10回開催し、これまでに、大正から昭和に帝国美術展で活躍した平田出身の日本画家・小村大雲の作品や出雲焼、雲州刀などが紹介されてきました。


電話番号 電話番号0853-62-5090
所在地 所在地島根県出雲市平田町515
営業時間 営業・開館時間9時〜17時
定休日 定休日火曜、年末年始
駐車場 駐車場あり
アクセス アクセス山陰道宍道ICより県道184号線経由車で約20分
一畑電車雲州平田駅より車で約5分
HP ホームぺージhttp://www9.ocn.ne.jp/~kyuhon/(出雲観光ガイド)
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加