多国語
【神々のふるさと山陰】観光ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
出雲大社エリア 松江城・宍道湖エリア 安来節・足立美術館エリア 鬼太郎と妖怪・境港エリア 皆生温泉・米子エリア 国立公園大山エリア ミステリアス山陰・おすすめスポット

鰐淵寺(がくえんじ)(もみじと弁慶の寺・浮浪の滝 散策)

出雲歴史・史跡絶景・町歩き体験する
武蔵坊弁慶修行の地
彼も愛した秋の紅葉に古の舞台を思う

鰐淵寺

約1400年前に開山、武蔵坊弁慶が修行したことでも知られる古刹
6世紀の終わり、智春上人が推古天皇の眼病平癒を山内の浮浪滝で祈っていたとき、落とした仏器を鰐(ワニ)がくわえて淵から上がってきたことからこの寺の名が付いたと言われています。

旅伏山の懐深くに根本堂、仁王門等が所在し、浮浪の滝の落口の岩窟にしつらえられた蔵王堂など、見所あふれる散策道が自慢。
特に秋は、葉が小さく、切れが深い「いろはもみじ」が真紅に染まり、他の追随を許さない美しさを誇っています。

弁慶は仁平元年(1151)3月3日、松江市郊外に生まれ、18才で当寺に入り、3年間修行した後、やがて比叡山に登り、牛若丸に出会ったと伝えられています。
般若橋下の川中の縦5m、横2m、高3mの袂石や、根本堂後の硯水、大山寺から一夜のうちにかつぎ帰ったと云う寿永2年の銘入りの梵鐘のほか、浮浪の滝にうたれて修行した籠堂の外、弁慶自画像、背負い櫃、勧進帳など、数多くの遺品が数多く残されています。



(秋の紅葉と浮浪の滝)

弁慶を思う、歴史ロマンの舞台
燃えるような赤が古の参道を染め上げる

鰐淵寺のモミジは、切り込みが深く、葉が小さい「いろはもみじ」。ピーク時には、参道に際だつ赤のトンネルを作り出し、幾重にも重なった落ち葉が紅や黄の絨毯となって本堂までへと導きます。
弁慶伝説にちなんで10月末に開催される「弁慶まつり」、11月初旬に開催される「紅葉まつり」など、秋はゆかりのお祭りがいっぱい。毎年多くの参拝客が足を運びます。
鰐淵寺の名が付いたとされる伝説の舞台「浮浪の滝」は、弁慶が滝に打たれ修行したという話でも有名。
落差約18m、滝が落ちる切り立った岩肌の岩窟に「蔵王堂」が作られており、神秘的な空気が辺り一面を包み込んでいます。

電話番号 電話番号0853-66-0250
所在地 所在地島根県出雲市別所町148
駐車場 駐車場60名
アクセス アクセス山陰道宍道ICより県道184号線経由車で約25分
一畑電車雲州平田駅より路線バス鰐淵線で約25分、鰐淵寺駐車場下車、徒歩約15分
HP ホームぺージhttp://www.shinbutsu.jp/33.html
出雲大社エリア
出雲大社エリア
出雲大社エリアの
最新観光情報はこちら
出雲観光ガイド
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリア
松江城・宍道湖エリアの
最新観光情報はこちら
水の都松江 松江観光協会公式サイト
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリア
安来節・足立美術館エリアの
最新観光情報はこちら
安来市観光協会公式サイト
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリア
鬼太郎と妖怪・境港エリアの
最新観光情報はこちら
さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリア
皆生温泉・米子エリアの
最新観光情報はこちら
米子観光ナビ
国立公園大山エリア
国立公園大山エリア
国立公園大山エリアの
最新観光情報はこちら
山陰・大山の旅 D-club 鳥取県伯耆町観光サイト 南部町観光協会
このエントリーをはてなブックマークに追加